もうクリクラの時代は終わるのかもしれない

ご挨拶

クリクラなどの従来型ウォーターサーバーをご検討の方へ。

当ブログでは、新世代タイプと言われる月額固定3000〜4000円代からでクリクラと同程度の水が使い放題になるプランをご紹介しています。

 

従来型と新世代タイプのメリット・デメリットも比較してぜひウォーターサーバー導入の判断基準に加えてみてくださいね!

クリクラの料金が高くなるパターン

電卓

クリクラには月当たりのノルマはありませんが、1回の注文ロットが決まっています。

 

具体的には、12Lのボトル2本(24L)からの注文しか受け付けてくれません。
1本1,250円ですので、月に最低2,500円がかかるわけです。

 

 

ここまでならかなり安いと感じますが、1ロットの24Lで足りない家庭なら2回目の注文が必要です。

 

その場合、1本だけ追加はできないので2本追加注文が必要で合計5,000円(48L)の出費です。

 

 

月に3ロット注文すれば、7,500円(72L)となります。

 

 

 

3ロットとか72Lとか言われても分りにくいと思いますので、4人家族でのシミュレーションをしてみます。

 

 

クリクラで4人家族が1日コップ2杯の水を飲んだ場合の料金

コップ1杯=約200mlとすると、朝晩の消費で400ml。
400mlが4人で1日1.6L
1.6Lが1か月で49.6L
---------------------------------------------
1人コップ2杯で月に49.6L必要⇒クリクラだとぎりぎり3回の注文が必要になる。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

一人コップ2杯と考えたらかなり少ないような気がしませんか?

 

 

料理に使ったりする分も欲しければ3回の注文が必要なので、4人家族だと月に7,500円かかるのがクリクラです。

 

定額制のウォーターサーバーならいくら使っても定額で4,000円程度なので、家族が水を飲み過ぎないかイライラしたり、料理にクリクラを使って水が足りなくならないかびくびくする必要もありません。

クリクラに変わる新世代のウォーターサーバーとは?

本体

新世代のウォーターサーバーとは、従来の12L 程度の大きなボトルを交換する必要がなく、家庭の水道管とサーバー本体を直結させる自動給水式

 

ボトル交換の手間がないだけでなく、月額いくらという定額制を実現しているのが、従来型との大きな違いです。

 

サーバー本体には水の不純物を取り除くフィルターを搭載していて、カルキ臭さなどももちろんありません。

 

クリクラはRO水と呼ばれるROフィルターで地下水や水道水をろ過した水を各家庭に届けていますが、このクリクラの水工場と同程度のROフィルターを備えた機種も新世代タイプのウォーターサーバーにはあります。

 

次世代タイプウォーターサーバーの例

CoolQoo 月額4,500円定額 楽水ウォーターサーバー 月額3,500円から

クールクーの本体

ROフィルターを搭載した定額制ウォーターサーバー。
月々の支払価格はいくら水を消費しても変わりません。

 

不純物を取り除いた安全な水は、料理や粉ミルク用に最適

 

≫詳細ページ

サンプルサイト

ROフィルターの1レベル下のフィルター性能だが、家庭用としては十分すぎるくらいの安全性です。
プランによって、3,500円固定、4,250円固定の月額が選べる。
いずれのプランも3年以上使用すると、月額3,000円となる。

≫詳細ページ

新世代タイプのウォーターサーバーのメリットは抜群に安い定額制

高くない

次世代タイプのウォーターサーバーはまだ始まったばかりの業界ですが、いくつかの業者から提供されています。

 

クリクラやコスモウォーターといった従来型のウォーターサーバーは天然水の産地やRO水の値段などで差別化を計っていますが、結局安い所を選んでも一本当たり1200円程度で最低発注本数が2本などと決められているため、必要な分を頼もうと思うと5,000円〜10,000円くらいは請求されます。

 

それに比べて次世代タイプの定額ウォーターサーバーなら、現在の最安値の業者なら3,000円代で飲み放題を実現しています。

 

*水道代別途(全国平均 水道水1Lあたり0.2円)

次世代タイプウォーターサーバーのデメリットは?

使い放題で月々のコスト面ではメリットが目立つ次世代タイプですが、導入する際に気になるポイントもご紹介しておきます。

 

定額制ウォーターサーバーは初期費用が高い

お金

 

定額制ウォーターサーバーは水道とサーバーを直結する必要があるので初期費用として工事代がかかります。
(*工事と言っても壁に穴をあける必要はありません。サーバーと水道管をパイプでつなぐだけなので賃貸でも導入可能)

 

しかし、定額制ウォーターサーバーを提供する業者の中には、

 

  • 他社からの乗り換えで工事代無料
  • 工事費が無料の代わりに月額が割増しになる料金設定

 

といったデメリットを打ち消すプランを用意しているところもあります。

 

 

フィルターが良すぎて水が味気ないものもある

水滴

 

ROフィルターを搭載しているウォーターサーバーは、カルキ臭などを含む不純物を99.9%取り除いてほぼ純水を作ります。
クリクラはROフィルターでろ過した後に、ミネラルを添加しているので、ややまろやかな味の水に仕上がっています。

 

このデメリットは、水をそのまま飲みたい方には気になる点です。

 

水をそのまま飲む習慣がない場合は特にデメリットとなりません。

 

また、ROフィルターは家庭用としては高すぎるほどの高スペックですので、少し下のランクのフィルターを搭載した機種を選べば、水のミネラル分をのこした飲みやすい水になります。

まとめ

クリクラは4人家族で使う場合、7000円くらいの支払いになります。
ガロンボトルの置き場所も必要です。

 

次世代タイプの定額制ウォーターサーバーもデメリットもありますが、
ご自身の重視する点を考えてみて、クリクラにするのか定額制のどこかにするのか考えてみてはいかがでしょうか。

 

関連リンク

楽水

楽水ウォーターサーバー

 

定額制:
月額3,500円 初期工事費18,000円
月額4,250円 初期工事費無料

 

水道水のミネラル分を残したまろやかな浄水フィルターを搭載しています。

 

こちら楽水ウォーターサーバーの詳細はこちら

 

 

クールクー

クールクー

 

定額制:
月額4,200円 初期工事費18,000円

 

*他社からの乗り換えで初期工事費無料のキャンペーン実施中。

 

クリクラと同じROフィルターを搭載しているが、ミネラル分まで取り除くのでそのまま飲むと味気ないと感じるかもしれません。

 

しかし安全性という面では優秀すぎるほどのハイエンドな性能となっています。

 

こちらクールクーの詳細はこちら


このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system