水道水と赤ちゃんのミルク:安心、安全で、美味しいミルクを作っていますか。

赤ちゃんのミルク用の水、どうしていますか。ちょっと考えてみましょう。

 

1.水道水は本当に安全なのか。

日本の水道水は、とても安全だと言われています。安全であることが普通だと日本人は思っていますが、実はそんなことはなく、水道水を飲めるのは15か国しかないのだとか。
とはいえ、日本の水道水、本当に大丈夫ですか。心配し出したら、きりがないですが、東日本大震災の時、水道水が放射線物質で汚染されてしまったことは、記憶に新しいことです。
確かに、日本製のミルクは水道水を使うことを前提に作られています。でも、数値的には危険性はないと言われても、それで赤ちゃんのミルクを作るのはちょっととは思いませんか。心配になるのが普通なのではないでしょうか。

 

2.たくさん飲んでほしいと思うから水にこだわる。

赤ちゃんにとって、ミルクは命の水です。しっかりミルクを飲む子が良いとか言うことは言いませんが、一回に飲む量が少ないと小まめにミルクを求めます。
もちろんパパとママは、赤ちゃんの要求に対応しますが、もし水をきちんとしたものにして、1回、1回、目安量をしっかり飲んでくれるようになったら、どうでしょう。負担は確実に減ります。
そこで問題となるのが、水道水に含まれるカルキです。大人にとっても美味しいものではないので、当然、赤ちゃんにとっても美味しいものではありません。
沸騰させてカルキを飛ばしたとしても限界があります。赤ちゃんのためです。ミルクを作るのに使う水は、美味しい水にしてあげましょう。

 

3.育児は大変。便利なものは即活用。

育児中の方は分かるかと思いますが、育児は思いの外、大変です。赤ちゃんが可愛いだけでは、乗り越えられないつらさがあります。例えば、初めのころであれば、2,3時間おきに作らないといけないミルク作りもその一つです。
そこで登場するのがウォーターサーバーです。熱湯と水がすぐに出てくるので、赤ちゃんを待たせません。ただし、赤ちゃんのミルクにできしているのは軟水です。ウォーターサーバーをお願いする時は、お水が軟水かどうか、赤ちゃんのミルクを作るのに使って良い水かどうかも確認しましょう。

 

4.ウォーターサーバーは、いざという時の備えにもなる。

蛇口をひねれば水が出ると思っていませんか。でも、何かのきっかけで断水してしまうこともあります。断水すると、皆、考えることは同じで、ミネラルウォーターを買いに走るのですが、赤ちゃんがいると行動範囲が限定されますし、ミルク用の水はどれでも良いという訳ではありません。赤ちゃんのミルク作りにも大丈夫なウォーターサーバーをお願いしておけば、水道水が急に断水しても動じずにいられます。

 

安心なお水で、美味しいミルクを作ってあげましょう。


このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system