水素水を家庭で利用するには、ペットボトルやアルミパウチなどの通販ではイマイチな理由

解説

健康・美容効果が注目され世間では水素水の人気が高まっています。
水素水に多少興味がある方なら、なるべく安くコスパの良い商品を探してみたことがあるのではないでしょうか。

 

流行の花形商品ですので、ペットボトルやアルミパウチなどの容器が違うもの、価格や水素水濃度といったスペックも様々なラインナップを見つけることが出来たと思います。

 

しかし、ただ単に水素水をペットボトルやアルミパウチに詰めただけの商品は家庭での利用に向いていません。

 

 

専門用語たっぷりの解説サイトはたくさんありますので、
ここではその理由について解説していきますよ!


(問題点)水素は一番小さな分子なので、ペットボトルに詰めてもすぐに抜ける。

水素は最も小さな分子ですので、ペットボトルのように水や空気を通さない容器に詰めても、自然と抜けていきます。

 

たとえるなら、目の粗いワイヤーバスケットに小さなビーズをジャラジャラと注ぎ込むようなものです。

 

 

 

 

 

宅配水サービスに水素水が無い理由

ウォーターサーバーのガロンボトルにはペットボトルのほかにもポリカーボネートが使用されています。
上記の理由と同様に、宅配水のボトルも水素水を「詰めて」、「運んで」という用途には向いていませんので、現状ではウォーターサーバー用の宅配水のラインナップに水素水は有りません。

 

特殊な金属製の容器に水素水を詰めて配送するようにすれば、そういった物理的な問題はクリアになるかもしれませんが、コスト的な問題なのかそういったサービスは今のところ存在しないようです。

 

サーバーに水素水を作る装置を取り付けて、家庭で水素水を作る方式が採用されています。

ペットボトルの水素水はまず疑う、アルミパウチの場合も要注意

 

ペットボトルには水素が抜けるという問題がありますので、水素水を商品として販売するためには他の容器を使用する必要がありました。

 

そこで登場したのが、アルミパウチ方式の水素水です。
アルミパウチ方式とは、ウィダーインゼリーに使用されている例のパックです。

 

 

アルミパウチはペットボトルよりも水素を閉じ込める能力が少し高いため、商品の流通に乗せても水素が残ったままの状態を保ちやすくなります。
その分、価格も少し高めに。

 

アルミパウチ方式の水素水でも水素は抜けていく

水素水詰めてから3〜4か月もすれば、中の水素が抜けて単なる水になります。
ですので、家庭で水素水を常備しようとしてまとめ買いしても、長期保存は出来ません。コスト的にも手間の問題的にもアルミパウチはイマイチなのではないでしょうか。

 

水素水の良しあしは溶存水素量を目安に

ウォーターグラス

水素水のペットボトルのラベルの成分欄に、「水素濃度1.6ppm※充填時」というような表記を見たことは有るでしょうか。

 

 

これは、

 

 

「ペットボトルに詰めた時の水素水濃度が1.6ppmありますよ。」

 

 

と、いう意味なんですが、充填してから物流トラックに乗って店頭に並び、さらにあなたの家のダイニングテーブルにまで届いたころには水素は自然と抜けているのであまり意味の無い数値です。

 

 

 

実際にどの程度の水素の濃度が入っているかを示す数値は「溶存水素量 」と言います。

 

美容と健康目的で水素水を試してみるなら、「水素濃度1.6ppm」等と書かれた、嘘とまで言わないまでも非常にズルい商品は避けたいものです。

 

 

 

 

水素商品の品質は「*充填時の濃度」という不誠実な表示のものは無視して、「溶存水素量」を目安に判断しましょう。

 

そうしないと、パッケージに水素水と書いてある普通の水をわざわざ割高で購入し続けて、効果もイマイチわからないという状態になってしまいます。

 

 

水素は1.6ppm以上の濃度で水に溶け込まない。コスパがよいのは1.0ppm

ちなみに、普通の気圧での水素の最大の濃度は「1.6ppm」となっています。
ただし濃度が高ければ良いというものではなく、世界の水素水研究の第一人者・日本医科大学の太田成男教授(著書:水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか)によると、水素水濃度は1.0ppm以上でも効果に違いはあまりないという実験結果が出ていますので、わざわざ高い高濃度水素水を用意しなくても、1.0ppmのもので十分ということになります。

 

「ppmってなに?」と思われるかもしれませんが、これは濃度の単位です。あまりこだわって考えずに、1.6ppmなら良い水素水という感じだけ掴んでおけば問題ありません。


まとめ

  • 水素水濃度は「溶存水素量1.6ppm」あれば上等過ぎるくらい。1.0ppm前後で十分。(*充填時と書かれているものはダメ)
  • ペットボトルだと物理的に水素が抜けるので、商品としてはダメ。ウォーターサーバーのガロンボトルなども同様。
  • アルミパウチも3〜4か月で水素が抜ける、まとめ買いできないのでコストも高い
  • コスパを考慮して家庭で水素水を継続的に用意するには、水素水を作る装置が家に必要

 

そうしないと、パッケージに水素水と書いてある普通の水をわざわざ割高で購入し続けて、効果もイマイチわからないという状態になってしまいますよ。というお話でした。
水素水選びの一助にしていただければ幸いです。

 

このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system