RO水とは

RO水とは逆浸透(Reverse Osmosis)水の略で、宇宙船にも搭載される逆浸透膜(フィルター)で不純物をほとんど含まないレベルにまで濾したいわゆる純水(ピュアウォーター)です。

 

逆浸透膜の性能は強力で、牛乳を真水に変えたり、不純物をほぼ100%取り除く性能があります。

 

逆浸透膜の仕組み

 

しかし、水に本来含まれるミネラル分まで綺麗に濾過してしまうため、人がそのまま飲んだ場合は無味無臭で味気なさを感じることがあります。

 

そのため、ウォーターサーバーではボトルに詰める前に、ミネラル分を添加して商品化します。多くの業者がRO水を提供していますが、上のような事情からどこの業者のものも味わい的には違いはありません。

 

主観的なものですが、天然水のほうが味わい的に勝ります。
水をそのまま飲むならRO水よりも天然水のほうが良いですが、お茶や珈琲にするならよっぽど舌が敏感なソムリエレベルでないとわかりません。

 

天然水と比較して水の値段が安いのが特長です。

天然水とは

 

富士山

ウォーターサーバーの天然水は、富士山や阿蘇山、南アルプスといった天然の湧水を、必要に応じて濾過・沈殿・および加熱殺菌処理したものや、さらにオゾン・紫外線殺菌したものをボトルに詰めています。

 

処理方法の違いから、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーター・ミネラルウォーターの分類がありますが、水マニア以外は特に違いを意識する必要はありません。

 

硬水が合わない方もいるので、出来れば導入前に確認を

 

腹痛

採水地ごとに特長があり、硬度が違っていたり、バナジウムが含まれたりと様々です。
事務所などで特定多数が使用する場合は、硬度の高い水が合わない人が居ないかあらかじめ確認したほうが良いでしょう。

 

硬水とは水に含まれるカルシウムやなどミネラル分が多いもので、味の好みが合わなかったり、お腹を下しやすくなる方もいらっしゃいます。

 

そういった場合には、RO水がボトル詰めされた宅配水を選ぶか、水道水をROフィルターでろ過することができるクールクーなどが適しています。

最近では水素水を作るウォーターサーバーも

RO水と天然水の違い|オフィスのウォーターサーバー選び

近年の水素水ブームを反映して、水素を含む水を提供できるウォーターサーバーも登場しています。

 

水道直結型のサーバーにはROフィルターやカーボンフィルターが備え付けられているものがありますが、
濾過した水を更に水素発生装置で処理して水素水を作るという仕組みです。

 

水素水は疲労やストレスにも良いとTVなどでも言われていますので、職場の福利厚生に適しているかもしれません。
また、美容にも良いとされていますので美容室やエステサロンなど美容系の事業所との相性も良いです。

オフィスに導入する水をどうするか問題 まとめ

 

RO水は安いが、そのまま飲むなら天然水のほうが比較的おいしい

 

コーヒー・お茶で使うならROも天然水も違いは分らない

 

天然水は硬度が高い水に少し注意を

 

水素水はコストが許容範囲なら満足度大

 

コスト面ではRO水のほうにメリットがあります。
安くて無難。それがRO水のウォーターサーバーです。

 

 

天然水は味わい的に勝ります。やはり「富士山の水」、「南アルプスの水」といったブランド的な満足度がありますが、コストは少し高めになります。
売れている業者のものでしたら味の好き嫌いはあまり出ないはずので、一般的にはコスト的に合えば問題ありません。

 

 

水素水は美容・健康に良いということで、効果に半信半疑のスタッフの方でもなんだかんだ言いながら喜んで飲まれると思います。
福利厚生・来客へのサービスという面でも、定額制のサーバーを選ぶことによる低コストという面でも、結構よい落としどころなのではないでしょうか。

 

 

水の種類の違いについてのざっくりした説明は以上となります。
導入予定の職場状況に合わせて選びましょう。

 

ただし、人が多いとどうしても後で揉めたがる人が少しはいらっしゃいますよね(笑)
どの水を選ぶにしても軽く根回しをしておいたほうが、スムーズに事を運べます。

 

 


このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system